FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

シャチミン

Author:シャチミン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

人は変われる

こんにちは。
少し晴れ間が見える北海道です。

あまり楽しい話ではないけど、思い出しながら書きます。


私は小学校1年生から3年生までの間
毎日イジメされてました。
小学校上がる前に引っ越してきて友達も
全く居なかったし、何よりも私が太って
いたのが原因です。

子供ってえげつないくらいストレートに
表現するでしょ?
毎日
『で~ぶ、でぶ!あっち行け~‼︎』って。

最初はなんでそんなこと言われるのか
さえもわからなかった。
だから、言い返すこともしなかった。

すると段々エスカレートするんですよ。
みんなで渡れば怖くないみたいな感覚だと思うけど、1人2人と増えていって近所の子供よってたかってみたいなことに。



私の母親すげ~気が強い人でした。
だからイジメられてるってわかった時は
片っ端からイジメしてた子供の家に行き
その子が私に謝るまで徹底的にやっつけてくれました。

今自分が親になってわかることですね。
多分私も同じ事します。


でもそれが悪い方向に行ってしまいます。

しばらくの間は収まりましたが、やはり
陰湿なイジメになってきたのです。
イジメはまだ子供にとっては
遊びみたいな感覚でその遊びは一体感を味わう楽しいものなのかもしれません。

でもやられてる方はたまったもんじゃありません。
親に言えば、また余計こじれるかもって
子供ながらに思い、話しませんでした。

私は当時団地の4階に住んでました。
『もう、面倒臭いな』って階段の踊り場で行ったり来たり。でも思い留まって。とか

あそこで本当に死神さまが囁いていたら
多分ここにはいませんね。
死ななくて良かったです。

そんな気持ちをよそに、
イジメは常態化していきます。
今でも覚えてるのは火のついた爆竹を
服の中に入れられてやけど。

でも言い返せないんです。
それが当たり前。
我慢するしかない。
太ってるから。


約三年間ずーっと続きました。
今じゃ考えられないことかもしれませんが先生からもイジメされたこともありました。


もうどうでもいいやって諦めかけてた頃
体育の時間に気分が悪く見学してた時
たまたま、隣で一緒に見学してた
『本田くん』が言いました。

『ねぇ、毎日イジメられて面白いの?』
って深い考えもなく聞いてきました。

その時は何も答えられませんでした。
でもすごく考えました。
確かに面白くない。
なんで毎日面白くないことされるの?。

多分『本田くん』はそんなこと
覚えてないでしょう。もっと言えば
私のことなんか記憶の片隅にもないでしょう。

でもあの一言で私は変わりました。

まずイジメの暴力の部分には、
やめてと言えるようになりました。
考えてみれば、太ってましたが
身長も人一倍でかいので体力的に
負けるはずなかったのです。

はじめは『おっ!生意気!』とかかって
きましたが軽く振り払えば私の体力で
圧倒できます。
とりあえず暴力はなくなりました。

長くなったので続きは
次の記事で
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。