FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

シャチミン

Author:シャチミン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

結婚は文化と文化のガチバトル!

こんばんは。
いつも見に来ていただき、本当に

ありがとうございます。


ご結婚されている人は、多かれ少なかれ

経験があると思います。




生まれ育った地域や環境の違いによる

趣味や好みや行事のしきたりの違いに

愕然とすること。




以前にも書きましたが

私は名古屋生まれの名古屋育ち。

嫁さんは北海道函館。




付き合っている時は、それ程感じる

ことはありませんでしたが

結婚してからは、ビックリの連続です。




以前も書いた結婚式。




北海道は会費制。

私たちが式を上げた10年以上前の

相場は13000~15000
円位かな?




結婚式には発起人というのがいて

式の段取りから二次会の仕切りまで

全部やってくれるシステム。




私の式では発起人はいませんでしたが

かなり大変な役目です。




一方、名古屋は派手婚で知られる

見栄張り文化。




友達の結婚式にでるには最低三万円は

必要ですよね。

今はもっとかな?




で、ウチの親からすれば

会費制のシステムがどうしても納得

出来ない。




「ご来賓の方々に会費を頂き、おまけに

その場で領収書!?」

「ありえない!」

という感じ。




仕方がないので、苦肉の策として

受付を二つ。

引き出物も二種類用意しました。




北海道の引き出物は、ほんの形だけ

みたいな物で、ハンカチとか

小物とかお菓子など。




名古屋は持って帰るのが困るくらい

大きな袋に重いもの。




ウチら夫婦は出だしからドタバタ。




まぁ、終わってしまえば、そんな話も

笑い話になってしまうのですが

どうしても、今でも抵抗があるのが

お葬式。




函館の葬儀では、ほぼお通夜がメイン。

お通夜には必ず行くけど、お葬式は

失礼する、というパターンが

多いのです。




まぁ、それくらいならいいのですが

お通夜の時には、すでに火葬が

終わっていて、訪れた人は最後の

お別れがお骨になっている状態で。




結婚して、初めてこちらの親戚の方の

葬儀に参列させて頂いた時に

嫁さんは当たり前のように、先ほどの

事を言ってきました。




しかし、私の認識ではお通夜は

「故人のお亡くなりになった事を知り

兎にも角にも最後のお別れにお顔を

拝見に伺うという気持ちのもの」

と思ってましたので、何度も聞き直し

ますが、お互い意見が交わることはなく

平行線で最後はケンカ。




お互いが、自分達の知っている事が

「常識」

と思っていたんですね。




郷に入っては郷に従え






と言いますが、その通りですね。







函館でなんで、お通夜の前に火葬に

してしまうのかは諸説あるようですが




⚫︎函館大火という大きな火事での被害者

の数があまりにも多く、時期的な事も

重なり、先に火葬にするというのが

根付いた。




⚫︎函館沖で洞爺丸という連絡船が

転覆事故を起こした時の被害者が多く

先に火葬にするというのが根付いた。




などの理由だそうですが、真偽のほどは

わかりません。







あとは、食文化の違いもありますね。




名古屋の赤味噌文化はなかなか

受け入れてもらえません。




あのコッテリとして甘みと僅かな苦みが

絶妙なのに

「色が濃いし、体に悪そう」

って毛嫌いされてました。




何年か東海地方に住んだ嫁さんは

それなりに受け入れてくれるように

なりましたが、嫁さんのお母さんは

赤味噌を使った味噌汁なら一切

口をつけてくれません。




まぁ仕方ないですけど。




函館は食べるもの美味しいものが

多いですが、私が苦手なのは

「にしん漬け」

大根や白菜の漬け物に身欠きニシンを

いれて一緒にいただくお漬物です。




これだけは、生臭くてダメです。




嫁さんたちは、川魚を食べる習慣が

ほとんどありません。




鮎やニジマスなどは生臭いと言います。




「えーっ?ニシン漬けの方がよっぽど

生臭いのにー?」

と抗議しますが、多数決にて負けます。




夏のやな場で食べる鮎は抜群に美味い。

あの美味しさを伝えたいと思うけど

育った環境がありますからね。




ウチの娘は両方の血が入ってる。




なんとか赤味噌側に来るようにしたい

ところですが、まず函館では赤味噌が

手に入りません(涙)




あーっ、すごく赤味噌の味噌汁

飲みたくなってきた。




冷蔵庫の奥の方に放置されてる

「私の」

赤味噌を使って味噌汁作るかな。







今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。




また、明日!




p.s

あなたにしかない価値観ってなんですか?

新しい学びで、あなたがより輝けます。











スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。