トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

シャチミン

Author:シャチミン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

あの白いたまごっち!

こんにちは。
今日も見に来て頂き本当に
ありがとうございます。

いつものように、突然ですが

あなたは、たまごっちブームって
覚えていますか?

1997年に大ブームとなり、当時の
子供達を始め大人までもが必死に
買いあさってましたね。

確か、白のたまごっちがレアで
すごい高値で取引もされてたような。

それ以外にも、Gショックだとか
エアージョーダンなんかも大騒ぎ
になってましたよね。

後から考えると、なんであんなに
大騒ぎして欲しがっていたのか
訳がわからなかったり。

「みんなが持ってるから•••」
「みんながやってることだから•••」
などのことをバンドワゴン効果と
言います。

ファッションの流行や先ほどの
商品のブームも、流行に乗るのは
個人の自由ですし、消費も活性化
されるので良い面もあるのですが
間違ったことでも人は同様に
他者に同調してしまいます。

心理学者が実験しています。

6人の集団のうち5人は仕掛け人。

簡単な視覚認知テストをします。

計4回行われるテストのうち3回目
まではふつうに進みますが最後の
4回目で5人は明らかに間違った答え
を言います。

その時、被験者はどのような答えを
出すでしょうか?という実験。

結果は約20~40%の割合の人が
間違った答えに同調しました。

これには
①まわりの人の答が正しいと思って
しまう。

②間違っているのは分かっている
のに集団から非難されたくないと
いうプレッシャーを感じてしまう。

という二つの理由があるようです。

この実験は様々な国で行われましたが
国籍の差はあまり無かったそうです。

NOと言えないのは日本人だけでは
ないようですね。


このようなことは、身近にも沢山
あって、例えば会社で会議の時
堂々と主張をしている人やグループが
あると、自信と信念があるように
見えてしまいます。

そうなってしまうと、本当は違う
ことが分かっていても、そこでNOと
言えなくなってしまう。
なんてことも、ありますよね。


よく、コンビニのトイレに
「当店のトイレを綺麗に使って頂き
ありがとうございます」
って張り紙ありますよね。

これ、凄く上手く
「バンドワゴン効果」を使ってます。

多くの人が綺麗に使っているなら
自分も綺麗に使わなきゃって心理に
させて、結果綺麗なトイレが保たれて
いるということ。

例えばこの張り紙の文面を

「最近、当店のトイレを汚く使う
方が多く見えます。くれぐれも
ご注意ください」

と書いてあったらどう?

「あー、結構みんな汚くしてるんだぁ
じゃあこれくらいの汚れならOK」

となり、汚いトイレは益々汚れること
でしょう。

で、意外に多いんですよ。
汚いトイレになるような文句を
並べた記事だとか、メルマガが。

上手く導けば、多くの人がこちらの
意図するような行動を促すことが
出来るはずなのに、逆をしています。

つまり、我々は仕掛ける側。

お客様に対しての集団同調を促すこと
により大きな流れを作ることもでき
ますが、やり方を間違えると全くの
逆効果になることもある、という
ことなんです。

補足として、このバンドワゴン効果を
排除したい場合は、個別に対応する
システムがあると良いでしょう。

マーケティング調査などでも
このようなプレッシャーがあると
喋りにくいような案件(例えば家計や
保険の調査など)は何人かに同時に
話を聞くグループインタビューでは
なく、ひとりひとり個別に顧客
インタビューをしてますね。


今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

また、明日!
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。